足が速くなる方法研究会

速く走るためには、どうすれば良いのか調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北京オリンピック男子400リレー銅メダル獲得とバトンパスの重要性 

 2008年夏に行われた北京オリンピック。

 熱い戦いの中、日本の選手が男子400メートルリレーで三位に入り、銅メダルを獲得しました。

 実はオリンピックのトラック種目でのメダルは、1928年アムステルダム五輪女子800メートルで人見絹枝(ひとみきぬえ)選手が銀メダルを獲得して以来、八十年ぶりの快挙です。

 過去にたくさんの選手がオリンピックに出場しましたが、日本人とトラック種目は相性が悪く、結果を残せませんでした。

 なぜ今回男子400メートルリレーで、アメリカやナイジェリアなどの強豪国を抑えて、銅メダルを取ることができたのでしょうか?

 リレーという競技に必要なのは、四選手の走力とバトンパスの技術です。

 まず走力から考えていきましょう。リレーに出場した四選手は、他の陸上競技にも出場しています。わかりやすいように、出場した種目の成績を並べてみました。

・塚原 直貴(つかはら なおき)
陸上男子100メートル一次予選通過 → 二次予選通過 → 準決勝敗退

・朝原 宣治(あさはら のぶはる)
陸上男子100メートル一次予選通過 → 二次予選敗退

・高平 慎士(たかひら しんじ)
陸上男子200メートル一次予選通過 → 二次予選敗退

・末続 慎吾(すえつぐ しんご)
陸上男子200メートル一次予選敗退

 成績を見る限り、100メートルで準決勝に残った「塚原 直貴」選手以外、ちょっと寂しい結果となっています。

 ライバル国のジャマイカとアメリカは、男子100メートル準決勝に三人も残りました。

 しかし、日本よりも走力が上だったアメリカはメダルに届かず、日本が銅メダルを取りました。

 アメリカに勝った理由は、走力ではなく、日本人のバトンパスの上手さにあります。

 バトンパスといえば、受け取る走者が手のひらを上に向けて伸ばし、渡す走者が上からバトンを入れる「オーバーハンドパス」が主流です。

 しかし、日本は2001年の世界陸上から、受け取る走者は手のひらを下に向け、渡す走者が下から上へバトンを入れる「アンダーハンドパス」に変えました。

 「アンダーハンドパス」の利点は、選手がスピードに乗った状態で、バトンを確実に渡せることです。

 「オーバーハンドパス」と比べて練習量が増える欠点がありますが、走力の差を技術でカバーすることができます。

 この「アンダーハンドパス」のおかげで、日本はバトンパスを失敗せず、オリンピックで好結果を残すことができました。

 日本が手にした銅メダルは、走力ではなく、バトンパスの技術で取れたて言っても良いでしょう。

 今回、日本代表の銅メダル獲得で、リレー種目の場合、ライバルチームに走力で負けていても、バトントスの技術で補えることがわかりました。

 もし、運動会などでリレー選手に選ばれたときは、思い切ってバトントスの練習だけに絞っても良いかもしれませんね。

※ちなみに金メダルはジャマイカ、銀メダルはトリニダード・トバコでした。



走りに関するコラム | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。