足が速くなる方法研究会

速く走るためには、どうすれば良いのか調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウェーブ走とは 

 速く走るためには、やっぱり練習しなければいけません。しかし、ただ練習するよりも、目的意識を持って効率的な練習をした方が、確実に速くなります。

 今回紹介するトレーニングは、ウェーブ走です。(リズム走と呼ぶ場合もあります)

 インターバルよりゆっくり走りますが、休息時もランニングぐらいのペースを保つ練習法です。スピードよりは肺や心臓などの心肺機能を高める効果が期待できます。

 どちらかと言えば、短距離の選手よりも長距離の選手が行うトレーニングです。短距離の選手の場合は、走る速度を60%~80%の間で調節し、長距離の選手の場合は、走る速度を40%~60%の間で調節して下さい。

※上記のパーセントは、個人差があります。あくまで目安程度に考えて下さい。

 注意する点はインターバルなどと同じで、ペースの切り替えは意外と体に負担がかかります。ペースを切り替える瞬間が一番、体に負担がかかりますのでケガには気をつけて下さい。

 特に短距離の選手は、ウェーブ走のやり過ぎは止めてください。一日に5本~10本程度に抑え、二・三日ぐらい間を空けてから、再びウェーブ走を行って下さい。

関連記事
インターバルとは
レペティションとは



トレーニングの種類 | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。