足が速くなる方法研究会

速く走るためには、どうすれば良いのか調べていきます。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

短期間で足が速くなるには ハードル走編 

 速く走るためには、数ヶ月から一年ぐらい、継続してトレーニングしなければなりません。

 しかし、学校の運動会でリレーの選手に選ばれてしまったり、短期間で速く走れるようになりたいときがあります。そこで、「一週間で足が速くなるにはどうすれば良いのか?」を考えていきます。

 今回は、ハードル走の場合です。

 基本的な練習方法は、短距離走やリレーの時と変わりはありません。そのため、走るスピードに関してのトレーニングは、短距離走の項目を参照してください。

 ハードル走で一番の難関は、走る場所に障害物が置いてあることです。110メートルハードルの場合、全部で十個のハードルが均等に並べられています。

 ハードルを飛ぶときに、できるだけスピードを落とさずにジャンプすることができるかが、勝敗の鍵になります。コツとしては、ハードルの前から、なだらかな山を作るように跳ぶことです。

 ハードルの直前で跳んでしまうと、走るスピードが落ちてしまいます。できるだけ、低くジャンプして跳び越える意識を持ってください。

 振り上げる足はハードルと直角にし、バランスを取るために逆方向の手を前に出します。(振り上げ足が右の場合は、左手を出します)

 また、跳ぶ足は変えずに、全てのハードルを同じ方向の足で跳んでください。ハードルによって、跳ぶ足を変えると、走るテンポが悪くなってしまいます。

 さて、まとめですが、一週間しか練習時間が無ければ、思い切ってハードルの跳び方に全ての時間を費やしてもかまいません。速く走るためには、どれだけうまくハードルをクリアできるかにかかっています。

 もし、時間があれば、走るスピードを高めるトレーニングをしてください。

 最後にハードル走では、走っている途中にハードルを倒してしまっても、かまいません。極端な話、全てのハードルを倒しても、誰よりも速くゴールに着けば勝ちになります。

 そのため、ハードル間の歩幅が合わず、うまく跳べそうになかった場合は、ハードルをわざと倒してしまった方が、速く走れることがあります。

 走るスピードを落とさずに、うまくハードルを倒す練習もした方が良いかもしれませんね。

関連記事
短期間で足が速くなるには 短距離編



短期間で足が速くなるには | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。